図書館による学修支援

学生によるレポート支援
ラピタデスク Library Peer Tutor Desk

図書館の学修支援事業のひとつです。
チューターは、各コースから推薦された学生で、研修を受けて専門的な知識と業務に必要な技能を身につけてから。学生のみなさんに必要な学修サポートをします。業務はレポートの書き方に関連する内容が中心となります。相談者がラピタデスクを利用するメリットは、構想中の文章や完成したレポートをピアチューターと見直すことで、自分の考えを整理してレポートの構想の見直しができたり、文章のクセや書式のミスを発見できたりすることです。よって、ラピタデスクの目的は、相談者に適した情報を提供したり、相談者の考えを共有したりすることで、相談者の学修意欲を高め、主体的に学修に取り組めるように支援することにあります。  

~活動時間~ 月曜日~金曜日 12:40~14:10(3限)、16:00~17:30 (5限) 
(相談時間は相談者1人あたり30分)  詳細は図書館にある予約表でご確認ください。


~業務内容~
レポート書き方について
(構成・参考文献の書き方・引用について・インターネット情報の使い方等)の情報提供
文献資料の探し方の情報提供
プレゼン技法や指導案の書き方など、得意とする専門分野に関する知識・技能の情報提供学修に関する相談

 ~利用受付について~ 基本的に予約は不要ですが、授業で必須とされたものに関しては予約をお願いしています。
予約は図書館ホワイトボードの予約表の希望日時に必要事項(名前・学籍番号)を記入してもらいます。